無謀な二人

仏壇に吸い込まれ、
投げ出された謎の宇宙空間で、
サクはパパンと遭遇した
『サク!無事か!?』
パパンは、涙目で顔をクシャクシャにしながら
微笑んだ

早めに、家に帰宅したパパンも、
仏壇のある部屋で、よし子と徳之介に出会ったそうだ
パパンは、
よし子との再会を喜んだものの、
仏壇から放り出されてしまった二人を、案じ、
謎を解明したいと、思ったそうだ

パパンが
徳之介に引っ張られて、仏壇の中に飛び込もうとしたとき…

ママンがすごい形相でやってきて、パパンの腕を引っ張り、必死で引き止めたと言う

しかし徳之介の力に勝てず

パパンはこの異空間に吸い込まれてしまった

『それでママンが慌てていたんだね…
今ごろどうしてるんだろう』
サクの言葉にパパンはため息をついた
『お袋…よし子おばあちゃんに会った瞬間、
パパは嬉しくて冷静な判断力を失っていたよ。
ママと、シーを残してきて、心配だ』
パパンは落ち込んでいた
『しかたないよ。
おばあちゃんのおにぎり美味しかったもんね…
徳之介さんはどこに行ったんだろう』

サクは、宙に浮いたまま、辺りを見回すと…

塵が浮かぶ青白い空間が、少しずつ暗くなっていくのを感じた

そして
次第に酸素が薄くなってきている

サクとパパンは
酸素ボンベも宇宙服も、身に着けていない…

サクは、呼吸を荒くしながら…
再び
生命の危機を感じた


☆シルビア☆
by adv39 | 2015-09-22 00:12