人気ブログランキング |

1999年、ふたたび


徳之介に手を引っ張られて、何の覚悟もないまま、サクは、仏壇にダイブした
『いっておいで〜』よし子の声が徐々に遠くなる
サクの体は、瞬く間に小さくなり、耳がもぎ取られるような速度で

線香の香りがする仏壇の扉に入り込んだ

位牌の奥にいる、小さな仏像が
柔和な微笑みを浮かべており
その鼻の中へ、サクは吸い込まれていった

(もう死ぬんだ…できればこんな終わり方したくなかった)

そういえば
サクの生まれた年は1999年
ノストラダムスが
人類の滅亡を予言した年だった

サクが冥王星人だとしたら

地球の存命と引き換えに
いつか、このように
宇宙の塵となる運命だったのかもしれない、と

サクは
妙に納得して、異質な空間に投げ出されたのだった


☆シルビア☆
by adv39 | 2015-09-19 23:07