パラレル・にゃごにゃご

d0336181_22202488.jpg
宇宙警察シルビアと、ナースの黒猫ベルが
何やら作戦会議のようなものを始めており、
冥王星猫部隊長セノオさんは、猫たちの世話で疲れていたのか
座椅子でこっくりこっくり…と眠り始めていた

『それにしても、話が少し複雑になってきたから、
整理しないといけないな』
ミオカが、赤い羽根をついたままのサクを抱きとめながら
いつものようにため息をついた

サクは、目を閉じて今までのことを思い出そうとするが

セノオ閣下の下に集結する猫たちが
ニャゴニャゴ鳴いているので、どうも集中できなかった

『もう今更、このパラレルストーリーを説明しようとしたところで
手遅れじゃ…

冥王星を統率しているプルートの目玉さんに聞きたい気持ち』

『目玉言うな…』
『……!? うぎゃっ…』天から降ってくる聞き覚えのある声に
サクは、衝撃のあまり、ミオカに抱きついた

『サク…君の気持ちはわかっていたよ…
やっと素直になってくれたんだね』
『もうっ…!それどころじゃないって…』
歯が浮くようなミオカのセリフに構っている余裕はなく、
サクは天を仰いだ


空は、モザイクのようなスクリーンになったかと思うと
徐々に画像が表れ始め、

翡翠色をした一つの大きな瞳がギロリと
サクたちを見下ろしていたのだ


☆シルビア☆

[PR]
by adv39 | 2017-04-18 23:43